会えるアプリ2021

withとイヴイヴにはどんな違いがある?登録する前に確認しておこう!

マッチングアプリ比較
効率のいい出会いの手段として、浸透してきているマッチングアプリ。近年では利用をオープンにしているかたも多く、実際に成婚に至ったというカップルもたくさん誕生しています。

その中でも、真剣に恋活をしたいというかたが多く利用している「with」と「イヴイヴ」について、それぞれのアプリに見られる特徴を確認していきましょう。

withとイヴイヴの会員登録者数と利用層

withの累計会員数は320万人、イヴイヴの累計会員数は200万人以上と、人数は若干withのほうに軍配が上がります。

ただ、利用者層はwithが20代前半の若いかたが中心なのに対して、イヴイヴは20代から30代がメインと年齢層が幅広いのが特徴です。

いずれも共通しているのが、将来共にする相手を探すことを目的とした恋活、婚活のために利用しているかたが多いという点。実際に成婚に至ったという幸せの声を多く聞かれるサービスです。

それぞれのアプリならではの特徴

withは、動画サイトで活躍しているメンタリスト・Daigo氏が監修しているマッチングアプリです。

心理学を用いたテストで、本質的に相性のいい相手とマッチングができるサポートを行っており、「好みカード」から趣味や関心ごとが共通しているかたを見つけやすくなっています。

マッチングが上手く行かないという時にはアドバイスも受けられ、恋愛に不慣れなかたも安心して利用を始められるのが魅力です。

イヴイヴの注目点は、完全審査制であるというところ。現登録ユーザーと運営によって審査が行われ、半数以上の承認を得なければサービスを利用することができないようになっています。

厳しいようですが、これにより容姿やスペックのレベルの高い男女が集まりやすくなり、サクラが紛れ込むのを防ぐ役割を果たしています。

ハードルが高いものの、お付き合いする候補を慎重に見極めていきたいというかたであれば、安心してマッチングできるのがメリットです。

肝心の利用料金をチェック

マッチングアプリ料金比較
withは男性の場合、性格診断とメール1回のみ無料で利用可能。そのほかは有料会員になる必要があります。

1ヵ月プランがAndroidで3,600円、iPhoneで4,200円で一度の契約期間が長いほど割安になり、女性はすべての有料サービスが無料で使用可能です。

イブイブも同様に女性が無料で、男性のみAndroidなら1ヵ月3,800円、iPhoneなら3,700円と料金面で見れば大きな違いはなく、こちらも長期契約で割引となります。

どちらのマッチングアプリも真剣交際向きという点では同じで、利用料金にも差はありません。ですが、withのほうが初心者向けサポートが充実しており、イヴイヴはより上級者向け、レベルの高い出会いを求めているかたに向いているサービスと言えるでしょう。

アプリに登録する際に参考にしてみてください。